2018年3月6日火曜日

アルコール依存症は不幸な病気である しかし、治そうと思えば必ず治る病気である


60.酒害は不幸な病気である、しかし治そうと思えば
必ずなおる病気である 





 誰だって酒害者になろうとして酒を飲む人はいない。
気がついたら、酒害にかかっていたというのがほとんどの酒害者の姿ではないかと思う。
そして、その酒害を治そうとして、酒の量を減らしてみたり、ニ、三日酒を断ってみたりしたことが必ずあると思います。
しかし、酒害は治るどころか、だんだん重症になってゆくのに当惑を感じたに違いありません。

 酒害という病気は、進行性の病気ですからたとえ何日か、何月か、何年か断酒したとしても、また、どんなに少量に減量したとしても、のんでいる限り、死に向かって病状は進行してゆく病気なのです。
だから、一生治らないとも言えるのです。
全く不幸な病気だと言わねばなりません。

 しかし、原因はアルコールです。
その原因を取り除けば、簡単に治る病気です。

 その原因を取り除くのは、医者でもなければ、家族でもありません。
酒害者であるあなた自身だけができることなのです。 
  
                       (断酒寸言集より)
飲みたくなるのは当たり前。
でも、そこをグッと我慢我慢。
我慢の断酒もずーーーーーっと続くわけではありません。
いつか必ず、
やめてよかった~と思う日が来る、きっと来る!
負けないで!がんばるんだ!

応援したい人

おはようございます!ヒロです♪

今朝は少し寒いですね~。
春と言っても、まだまだ寒さがぶり返します。
気温の急激な変化に体調を崩さないように気をつけたいものです。

二郎さんの掲示板に書き込まれていた方で、
いつもいつもスリップ報告をしては断酒をし始める方がいました。
(仮にMさんとします)

わたしは、この方が飲んでしまう度に、
"あ~あ、またか、、、もう、知らんわ~┐(´д`)┌ヤレヤレ"

と、少し腹を立て、呆れていました。

しかし、よくよく考えてみると、
かつての自分もそうであったことを思い出しました。

いつもいつも、夫に
「わたし、お酒をやめる!」
と、宣言しては、見事に敗れる日々でした。

身内に宣言は、断酒出来ません。
無理でした^^;
どうしても甘くなってしまうから。

そこで掲示板で断酒の仲間を見つけて断酒して、
やっと軌道に乗れました。

掲示板断酒の欠点は、誰も見ていないので飲んでしまっても
わからない。。ということ。

しかし、Mさんは、飲んでしまったことを正直に告白します。
とても正直で真っ直ぐな人です。
でも、心配もしています。

スリップする度に、だんだん酷くなって、
飲む感覚が短くなっているように感じるのです。

たぶん、お出会いして5年くらいでしょうか、
なかなか断酒が軌道に乗れなくて、それこそ四苦八苦。

それでも、一生懸命さがものすごく伝わってきます。

抗酒剤を用いての断酒なら、ほぼほぼ必ず断酒が叶うはず。
毎朝、抗酒剤を飲みさえすれば、もう飲めないと諦めがつきます。

是非とも、朝起きて、ボヤーッとした頭でも、
サクッと抗酒剤を飲んで下さい。
枕元に置いとくという手もあります。

頑張れーーー!

わたしは、あなたを応援します。
今度こそ、今度こそ、酒のないすばらしい世界を垣間見て下さい。

おんなじMさんでも大違い^_^
謙虚で素直なMさんは、応援したくなる(笑)ひとり言w


幸せのおまじない♪

今日一日
あなたとともに
一分一秒断酒。