2018年3月5日月曜日

単身者だから孤独なのではない。酒害にかかれば誰だって孤独になってしまうのだ(断酒寸言集より)

83.単身者だから孤独なのではない、酒害にかかれば
誰だって孤独になってしまうのだ 




 「単身者は孤独だ、それゆえに酒害から立ち直りがたい」と言われる。

 しかし、単身者だから孤独なのだろうか。
妻や子供に背を向けられながら暮らしている酒害者は、家族がいるというだけで孤独でないと言えるだろうか。

 考えてみるがいい。
「単身者」と言われる酒害者の大半は、過去に妻をめとり、子供をもうけていた人である。
それが、妻や子供に見限られ、一家離散という結果になったのではなかろうか。
また、未だ結婚していない人は、やはり、酒ゆえに結婚運が遠のいていったのではなかろうか。
とすれば、孤独の原因は単身だからではなく、酒害であることが判然とする筈である。
だから単身者であっても、毎日楽しく、生活している人がいるのは当然であって、その人が特に人間的に優れているわけではない。
ただ自分の酒害に気がついて酒を断っているに過ぎないのである。

 即ち、断酒家には孤独はないということである。



82.三ヶ月であってもやめてさえいれば褒められる、しかし
たとえ十年やめていてものんでしまえば軽蔑される 




 人生のどん底ともいえる酒害地獄から立ち直った人は、その谷底が深ければ深いほど、高い人格者に変容する。
多くの人がなしえない「断酒」という人生の難事業を継続しているから、その人格が光り輝くのであるが、その人が酒を飲んでいるらしいと噂されるようになっただけで、アッという間に軽蔑の目で見られるようになる。

 だから、この難事業に挑戦し、頑張っているときはたとえそれが三ヶ月でも「偉いわねえ」と褒められるし、三ヶ月やめて死んだ人は永遠に断酒家として語り伝えられるが、十年やめてても飲んで死んだ人は単なる酒害者でしかなくなってしまう。

 要するに、断酒とは死ぬまで継続することに価値があるのであって、途中で飲んでしまえば一文の価値もないということである。 


断酒寸言集「山びこ」(発行者 社団法人北海道断酒連合会)は、昭和61年10月、全日本断酒連盟の第23回全国大会が北海道で 開催されるのを記念して、それまで機関紙に原田ひろしさんが掲載されていたものを一冊の本としてまとめられたものです。
http://shigadansyu.com/page7.html


これをデーター化してくださった滋賀県断酒同友会の皆様
本当に有難うございますm(__)m


そして、この御本を紹介して下さった、
蒼夜さん、本当にありがとうございましたm(__)m

そして、いつも明るいmihoさん、共に感銘して下さって
本当にありがとうございましたm(__)m

わたしは、こんな素晴らしい断酒の同士と知り合えて
本当に幸せです(*^^*)


掲示板の成りすましに思う

おはようございます!ヒロです♪

遠くで雷の鳴ってる音で目覚めました。
ノンアル生活は、朝の目覚めが違います。
鉛のような体とおさらばバイバイですよ。

掲示板も長いこと見てますと、
成りすましてるんじゃないだろうか?と
疑いたくなるような人物もでてきます。

その人は、過去、ある掲示板を出入り禁止になりました。
それは、急にいろんな人の書き込みが増えたので
おかしいな~と思った管理人さんが調べたそうです。

すると、やはり、一人の成りすましのお芝居だったようです。

わたしの管理してた掲示板にも過去にいました。
ずっとかきこみをしてて、ある日突然、パタッと
書き込みがなくなる人もいました。

とても劇的なドラマチックな出会いのお話を書いていましたね(笑)
また、管理人メールに送ってくる人がいました。
その人に、
私は、返信する時に、危うく住所と本名で返すところでした。

その人は、とても人格者っぽい投稿をされる人でした。
掲示板の中でしたけど、
ファンがでてくる始末。
わたしもまんまと騙されてしまいました。

わたしは、証拠をつかもうとIP検索をしたり、
過去の投稿を探しまくりました。

すると、過去の投稿も綺麗サッパリ消えている掲示板が
ありました。
その掲示板の管理人こそ、
あの成りすましで出入り禁止をくらった人物だったのです。

証拠を残さないためなのか?
はたまた、新しい成りすましをするためなのか?
定かではありませんけれど、

おかしいのは一目瞭然です。

書き込む文章もかなり似てきますし、なんか??って思います。
女の勘!ですなw

この勘がものすごくするどい御方がいらっしゃいました。
わたしの断酒の苦しかった時に、よく励ましてくださった御方です。
しかしながら、掲示板を去っていってしまいました。

この方が、
「奴は、何人にも成りすましているから、気をつけて、
わたしは関わりたくないから、降りるよ」
と、忠告をしてくれました。

もしかしたら、自分の住所や本名を教えてしまったのではないだろうか?と心配もしています。。

わたしも、おかしいおかしいと思っていた矢先だったので、
やっぱりなあ~と思いました。

そんなこんなで、すったもんだもありましたけど、

今思うことは、
酒を飲み続けると、ああなってしまうということ。
掲示板に書き込んでは、すぐに削除する「削除女」さんもしかり。

酒を呑んでの奇妙奇天烈な行動をみて、
思うことは
「なんて、かわいそうな人達」

酒をやめなければ、一生治ることはないでしょう。
酒を呑んでなくても、ドライドランクの状態はかなり長く続きます。

やはり、1年、2年、やっと3年。
そのくらいまでやんないとなおんないだろうなあ~あの人達は┐(´д`)┌ヤレヤレ

そう思うのです。

反面教師も必要ですね。。


わたしは、すすんで酒をやめたので、一生飲みません。
まったく、悲しくもないし絶望でもありません。
むしろ、清々しい気持ちです(*^^*)

やっとやっと、自由になれました♪

幸せのおまじない。

今日一日
あなたとともに
一分一秒断酒。