2018年10月19日金曜日

満たされない愛情は、自分で満たしていけばいい

世の中には、いろんな人がいるのだけれど、
とても厄介な人物だってゴロゴロいます。

きのう、久しぶりに娘のママ友たちと会って
話す機会がありました。

違う友人たちともたまにはいいですね(^^)

本当に勉強になりました。

「中学校は、’理不尽’を学ぶところ」

「愛情不足で育った子は、周りを壊しながら、満たしていくけど、すぐに空っぽになるので、また、壊す対象を見つけて攻撃する」

二番目のは、わかりやすくてなるほどだと思いました。

うちの末っ子が、まさにそんな状況におちいっているからです。

イジメではないですが、「嫉妬」されまくっています^^;

生まれたときから、周りにはたくさんのお兄ちゃんお姉ちゃんがおりました。

年の離れた兄弟なので、上の子たちの部活のかかわりから、いつも誰かが声をかけてくれていました。

そのおかげもありまして、上級生たちともとてもうまくコミュニケーションが取れるのです。

上級生だけではなく、クラス内でもとても人気があるようです。

成績は後ろから六番目なのにw

クラス委員に推薦されたらしいけど、辞退したそうです(笑)

「わたしがクラス委員になったら、やばいでしょww」

なんともマイペースで物事に動じません。

みんなとワイワイおしゃべりするのが大好きで、休み時間がチョー楽しい、、、らしいです^^;

少しは勉強しろよ、、、母は複雑です(^_^;)

そんなコミュニケーション能力を身につけてる末っ子に、嫉妬するお子様たちがいます。

悪口からはじまり、いろんな手を使い徐々に狭めていきます。

とうとう仲の良かった友達まで、
「〇〇ちゃん、わたしたちの悪口いってるでしょ!」って、言われたらしい。

一言も言ってないのに。だよ。

学校から帰ってきて、いつもと違う様子に、
少しづつ聞き出しました。

なんだよそれ~です(´・ω・`)

どうでもいいことで、いつもいつも揉めてて、
一つも部活ができないようです。

先輩にいわれたとおりにやれば、「媚を売ってる、、、」らしいです。

やらなきゃ、今度は先輩から注意をうけます。

どうすりゃいいの??

こいつら、うちの子が困るのを楽しんでるんだわ。

友人のところもそんな目にあってて、
どうでもいいような事で、揉め事をおこすのが常らしいですね~^^;

そういう子は、小さいときから、お母さんにかまってもらいたいから、なにか攻撃対象をみつけていくようです。

さわげば、お母さんが聞いてくれるもんね。

先生だって聞いてくれるし、
揉め事で愛情を満たしていく、、、
そういう生き方が身についてしまっているわけです。

イジメもそうだと思う。

その対象となる人が苦しんだり悲しんだりすることが、自分を意識してくれたんだって、
間違った「愛情」で満たされるわけです。

そんな間違った愛情は、乾くのが早いんだよ。。

そう友人から教えてもらいました。


なんて、わかりやすくて素晴らしい!

こんな友人たちと知り合えて、本当に私は幸せです。


で、肝心の対処法は、、、


かかわらないのが一番。やっぱりか、、^^;

でも、どうしても関わる立場の場合、
自分の子供を守っていくしかありません。

どう守るか?
それは、正しい愛情で満たしてあげることです。

褒める。
スキンシップ。

最近、娘が、
「お母さん、肩をもんで~」って、甘えてくるから、渋々だけど揉んであげてました^^;

私には、揉んでくれないのに~ブツブツいいながらw


これは、愛情を求めてたのか!!

子供はこういう正しい愛情で、
いっぱい心を満たして、学校という戦地に出かけていくのです。

大人は、気の合う仲間と話したり、好きなことをしたり、これで愛情のコップをいっぱいにできるらしいです。

何よりも、わたしは、母の顔が一番に浮かびました。

喧嘩をしたりしたけど、いつも、そばにいてくれた母でした。

いつも私のことを見ていてくれました。

そんな両親の元で育った私だったのに、勝手に不幸になっていたのですよ。

愛情をたくさんもらっていたのに気がついていなかったわけです。

やっと大人になって、愛情を満たせるようになれたのかもしれませんけどね(^^)


愛情はもう自分で満たせる!
なんか、勇気がわいてきました。
来るなら来いや!

酒に頼らず、
今度はもらった恩をお返しできるわたくしとなれますように、

今日一日
あなたとともに
一分一秒、満たして断酒♪


わたしを満たしてくれるのは、君たちだよ♡