2018年5月9日水曜日

我慢の断酒は相当辛い。覚悟と工夫が必要です。

おはようございます!

断酒を始めて、一番最初に苦労するのが、「飲酒欲求」ですね。

これが、本当にしつこい。

離脱症状も辛いですけど、わたしは、安定剤の薬と寝逃げと、
バナナやゆで卵、甘い物でなんとかかわすことができました^^;

私の場合のトラップは、空腹とキッチンでした。
キッチンドランカーでしたから。

主婦だったので、キッチンは行かないわけにはいかないので、
空腹に気を付けました。

バナナ3本一気食いとか、ゆで卵もたくさん食べました。
(板東英二みたいに、美味しそうに食べればもっと違ったかも^^;)

特にスイーツは、結構食べました。
アーモンドチョコなんか、一袋食べちゃう勢いです。
さすがに、毎日だと体に悪い。

飲酒欲求というのは、ふとやって来ます。
何度も何度も。
ほんと、しつこい。

テレビのCMなんかもトラップです。
コンビニなんて、恐ろしや^^;
イオンやゆめマートの酒売り場なんて、見ないように通り過ぎました。

とにかく、「近寄らない」「近づかない」でしょうか。

そうすれば、苦しみは一つクリアーできますよね(^^)

コンビニで酒を買う癖がある人は、積極的に行かないことを心がけると良いかと思います。

お弁当持参とまではいきませんけれど、おにぎりを作って持っていくとか、
飲み物は持参するとか、工夫が必要になります。

究極は、お金をもたない。
これは、相当、厳しいでしょうかね^^;

しかしながら、我慢の断酒は相当辛いです。

イライラするし、まわりに当たりたくもなります。
わたしは、夫が毎日晩酌するもんだから、相当頭に来ました。
喧嘩もたくさんしましたし、顔を見るのもイヤでした。

わたしはこんなに酒を我慢してるのに、目の前で飲むな!バカ!

てな感じです^^;

共依存夫婦だから、ものすごく大変でした。

そんな時には、ネットを利用しました。
つらい気持ちを書き込むことで、落ち着きました。
そして、おんなじ仲間がいることが、本当に心強かったです。


わたしは、奇跡的に心療内科とネット断酒と安定剤で、
断酒が出来ましたけれど、それでも無理な方は、
やはり、プロ集団に任せるほうが絶対良いと思います。

わたしも、最初はアルコール依存症専門の病院で、
抗酒剤を服用していましたが、
なんせ、「否認」が酷かったので、
断酒が出来ませんでした。

いろんなトラブルをおこし、情けない自分を嫌という程見て、
やっと、酒の害を自覚できました。

「やめたい」という気持ちがないと断酒は無理です。


TOKIOの山口くんは、とうとう解雇になってしまいました。
これは、酒が招いた結果です。

彼は、誰が見てもアルコール依存症だということがわかります。
この一件があったからなのか、
アルコール依存症のことが、メディアにとりあげられてるようですね。

各県の精神保健センターには、昔っから、アルコール依存症の相談窓口があると思いますが、
我が県も、このたび、強化されました。

例会なども行われています。

ちょっと気になったのは、相談できるのは、平日の4時までだということ。
アルコール依存症には、昼も夜もないからなあ~^^;
仕事してるひとは、なかなか、難しいよね~(*_*)

でも、病院とつながってるので、
いろんな方法を教えてくれると思います。

一人で悩まないで、一度、ご自分の地域の精神保健センターを
訪ねて見られると、断酒への足がかりになると思います。





きょう一日
あなたとともに
一分一秒断酒。。



人気ブログランキング