2018年5月4日金曜日

自分の味方をしてあげる

おはようございます!

GWももう4日ですね~(^^)
(姪っ子の誕生日だった!)

あとで、LINEしてみよう♪

わたしには妹がいますけど、一つ違いです。
妹は、わたしと違って、可愛い感じです。
母とも気が合うし、小さい頃は、いつも比べられていました。

顔とか、器量ではかなわないので、勉強だけは負けたくないと
思っていたと思います。 

だから、田舎の中学校だったけど、一番を目指しました。
成績はよかったほうです。
やっと一番になったのに、褒めてくれませんでした。
というか、覚えてないのです。
おまけに、同級生の男子に
「偉そうに~」とまで言われてしまいました。

今でも覚えてるわ~。
そうとう悲しかったです。
そういう気持ちは一つもなかったのに。。

一番になるって、良いことではないんだ~って、思っちゃったわけです。

母とはよく口喧嘩をしましたけど、
「お前は、橋の下から拾ってきたんじゃ!」
とか、「ほんと、かわいげがない!」とか。

マイナスな言葉ばかりを覚えているのです。

人間のこころというものは、良い言葉よりも悪い言葉の方が
記憶に残るように出来ているのかな?と思いました。

小さい頃の記憶を辿ると、嫌な言葉や風景が思い出されます。
こころに、トゲがささったまんまなんです。
その頃のトゲがささったまんまで、膿んでる状態で大人になってしまったんですね。

そのトゲを抜いてあげなきゃいけません。  

嫌なことを思い出したらその都度、
「悪いのはお母さん!あなたは、全然悪くないよ!」
って味方してあげてください(^^)

親にされた辛い出来事、辛い言葉をいつまでも抱えていてはいけません。
本人に言えたら一番効き目があるんです。
一言でも言い返せたら、それが一番いいんですけどね。
なかなか出来ませんから、自分で自分の味方をする方法です。

意地悪なお姑さんに、さんざん暴言を吐かれて、
何十年も我慢するよりも、一言、反発したほうが状況がかわる
と思います。

わたしは、小姑がとても嫌いでした。
最近まで、毎月毎月、お顔の手入れと称して化粧品を売られるのが
本当に嫌でした。
イヤということを長い間言えませんでした。
この間、ハッキリと言えました\(^o^)/
LINEですけど。

口で言えないから、仕方なくLINEです。
取引先とか仕事ではないので、LINEで十分じゃ。。

すごい怒って、LINEも通じなくなりました。ラッキー♪
早くそうすればよかったw

心がスッキリしました(^^)

旦那の実家で会っても、気まずい雰囲気でしたけど、
普通に挨拶だけして、何事もなかったようにしていました。

時が解決するんですね~(^^)
また、普通に話せるまでになりました。
自然に会話もできるし、笑い合うことも出来ました。

我慢はほどほどに。
頑張りすぎた自分を認めて、ドンドン、人のせいにしてもいいと思います。
理不尽な扱いには、もっと怒っても良いと思います。

あなたは悪くないんです。
悪いのは、両親だったり周りの人。

苦しくなったら、そう思って自分を認めてあげましょう。
そして、許してあげましょう。

きょう一日
あなたとともに
一分一秒断酒。




人気ブログランキング