2018年5月14日月曜日

酒害者は、自分の最も頼りにする人から傷つけていく

55.酒害者は自分の最も頼りにする人から傷つけていく 




 家庭裁判所の離婚調停で、最も高率を示しているのが酒にまつわる事件です。
今日も全国各地の家裁でこの種の調停が行われていないところはないでしょう。

 そして申立人である酒害者の奥さんは、異口同音に訴えるのである「もうこれ以上の我慢はできません、何とか別れさして欲しい・・・」と。

そして、酒害者である夫は「別れないでくれ・・・」と哀訴するのです。

 酒害が進むにつれて、甘えの心が増長していくことは知られています。
酒害者が最初に甘えるのは家族です。
酒を飲んで起こしたしわ寄せをすべて家庭に持ち込んでくるのもこの甘えの心の結果なのです。
このようにして酒害者は自分の最も頼りにする家族の心を傷つけ、やがて勤務先の上司・同僚、入院すればしたで医師や看護婦の心を失ってだんだん孤独になっていくわけです。

 どこかで断ち切らねば酒害者の末路は目に見えるようです。

 断酒会を訪ねてみましょう。
断酒会の仲間は酒害者を孤独にはしません。
十年知己のようにあなたを迎えてくれるでしょう。
なぜなら、その人達も酒害者だからです。

おはようございます!

まったくもって、そのとおり!


甘えです!



酒の飲み方に問題のある人は、即刻、やめるべきです。
やめられないとか、無理、だとか、、
甘えてるんじゃないよ。


気合をいれて、覚悟を決めて、断酒しましょう(*^^*)



きょう一日
あなたとともに
一分一秒気合で断酒!




幸せのクローバーをポチッとすると
あなたに幸せが訪れます♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村