2018年5月1日火曜日

わたしの天命は、断酒をして楽しく生きること

おはようございます!

わたしは、断酒をしてやっと5年半過ぎました。。

酒を飲み続けている時は、
「呑みたいけど、やめなきゃいけない」
と思い続けながら飲んでいました。







「この人生、楽しく生きて人に親切にしてきましたか?」
そう質問をされたら、「はい!(*^^*)」って答えたい。。

そのためには、まず酒を捨てないとダメなことに気がついたからです。
わたしが幸せになるためには、
酒が邪魔になっていることに気がついていたのに、
なかなか実行できずにいたのです。

その心の奥底には、「飲みたい」という欲求に支配され続けていたのですよ。

「のみたい」を「やめたい」に変えるまで、ひたすら断酒を継続させることに集中しました。

なにがあっても飲まない!を言い聞かせ、実践しました。

そのために、きちんと通院も続けました。
断酒の三本柱。
通院・抗酒剤・自助グループ。

わたしは、抗酒剤を使いませんでしたけど、心の奥底には
「飲める準備」をしていたからだと思います。
反省点です。

もっと早くに抗酒剤を使っていれば、早くに断酒が叶ったかもしれません。

44歳から始めた断酒。
家族はなくしませんでしたけど、相当迷惑をかけてきました。
子供たちの潜在意識にマイナスな感情を植え込んできたと思います。
やっとやっと酒を本気でやめる気になって、今に至ります。

今思うに、もっと早くにやめていれば、
家族やまわりの人を傷つけずにすんだのに。。
自分自身を傷つけずにすんだのに。。
あのとき、ああすればよかった、、、とか、後悔もでてきます。

しかし、後悔ばかりでは前に進めないので、
今からやるぞ!という気持ちで断酒をがんばっています。

前向きに考え始めると、ラッキーなことが本当にたくさんやってきました。

断酒が辛い、、、って、私よりもはるかに断酒歴が長い人が
たまに掲示板にその心情を書いていますけど、

辛い、飲みたい、あの頃は楽しかった、、と
過去ばかりを思い憂いていて、今を「幸せだ」と思っていません。

そんな人に「幸運」など、やってくるわけがないのです。
私だって、逃げたくなるわ~(*_*)

考え方を変えないと、いつまでたっても幸せなど感じません。

わたしは、何のためにこの世に生まれて来たのか?

それは、

「酒をやめて、幸せになること」
天命だと思って、毎日を生きています。

そして、楽しいなあ~(*^^*) ありがとう♪ ニコニコ笑顔!
を忘れないようにしています。

すると、親切な人にたくさん出会いました。

わたしがそう思うと、スーパーのレジの人だって感じの良い人に出会いました。
お互いニコニコだから、またさらに気分がよくなります。

「和顔施」

立派な施しですね(^^)


断酒はつらくなんかありません!
わたしは、酒をやめて本当に幸せになりました(*^^*)
むしろ、アルコール依存症になったから、
本当の幸せとは、
ほんの些細な事を幸せと感じられるようになれました。

きょう一日
あなたとともに
一分一秒断酒。。


けさのつぶやき♪


二郎さんの掲示板、
ほぼほぼ一人にしか見えない〜笑笑
なんでやろ〜(・・?

とうとう目がおかしくなったか〜
(~_~)


人気ブログランキング