2018年4月13日金曜日

酒をやめることが何故恥ずかしいのか やめられないことの方が本当は恥ずかしいのに

おはようございます!

今朝の断酒寸言集は、ある人を思って開きました。

それは、まりさん。

わたしとおんなじくらいに掲示板で出会ったお人。

プライドの高さは10メートルはあるお人です┐(´д`)┌ヤレヤレ~

ま、いろいろとありますけど、

不眠症のようなので、こればっかりは、なった人でないと辛さはわかりません。

なので、酒を飲まずに眠れることをお祈りして、

断酒寸言集に

「おバカなまりさんに、ぴったりのアドバイスをお願いします」

と、開けた所がココでした。


54.酒をやめることが何故恥かしいのか、
やめられないことの方が本当は恥かしいのに 




 断酒会に入ったことを恥ずかしがって隠している人がいるものです。

 例会に通ってくるところを見ると、断酒会に入ったことを恥ずかしがっているとは思えないし・・・。アル中になったことが恥ずかしいのなら、酒を止めようとする自分を恥ずかしがる理由は全くない。
なぜならば、酒を止めることは恥ずかしいアル中から脱却できることなのだから・・・。

 どう考えても、酒を止めることは全然恥ずべきことではなさそうである。
即ち、断酒を恥ずかしがるのは酒害者特有の歪んだ心理以外の何物でもないということである。
この酒害者心理を克服する方法は唯一つ断酒継続しかない。
即ち一日断酒である。

 何ヶ月かたち、何年かたつうちに、断酒生活のすばらしさを体得するようになり、断酒会の不思議な魅力を知るに及んで、このような断酒に対する恥ずかしさがなくなってゆくものなのです。

 それどころか、断酒会員であることを誇りにすら感ずるようになるのです。


本当に頭が壊れてしまわないうちに、
断酒の素晴らしさを体感してほしいものです。


きょう一日
あなたとともに
一分一秒断酒。。





人気ブログランキング